■ カメラ性能について ■


まず気になるカメラの性能ですが、今までのAQUOSブランドにしては頑張っていると思います。
多少暗い場所であれば普通に撮れますし、画質はまぁまぁと言った所です。

夜景の露出は若干オーバー気味と言う記事を目にしたんですが、確かに光源がフワっとしている気がします。

部屋を真っ暗にして、窓から入り込む街灯程度の光にて撮影したサンプルを以下に掲載。
ルクスメーターアプリで計測してみると室内の明るさは月夜程度との事。
clip_now_temporary
ルクスメーターがピクリともしませんでした。
で、窓を撮影してみたんですが・・
DSC_0021
露出モード :Program Auto   ISO : 1600 F値 : 1.9 シャッタースピード : 1/7

夜で曇天、その上窓越しの景色、かなり意地悪な環境ですね・・
この条件下の撮影では、AFが迷って行って戻ってピタっと合う感じ。
ピントは窓ガラスの格子に引っ張られたのかな??

今までのSHARP端末なら、ISO1600で撮った写真はノイズが目立ってお世辞にも良い画質ではありませんでした。
サンプル画像のピン位置がかなり微妙で分かり辛いんですが、今までのSHARP端末に比べてある程度の改善が見られます。

気になったのは、シャッター音がしてから実際に保存されるまでがやたら長い事。
パシャ! ...(実はまだ撮影されてない)→やっと保存。
一眼レフのようなメカシャッターなら、シャッタースピードと連動して音が鳴るので違和感が無いんですが、スマフォのカメラはシャッターっぽい音が鳴るだけなので、シャッターが閉じた音は連動されないんですね。(当たり前ですが)

このシャッター音に釣られてしまうと、画像がブレブレになるので注意です。

それと、暗所のHDR撮影も試してみましたが
DSC_0033
こちらは明らかに画質が劣化(ノイズを塗りつぶしたような画質)
暗所では普通に撮った方が良いのかもしれません。

まだ全然弄れていないのですが、触った限りだとそこまで酷いカメラでは無い印象でしょうか。
一応夜もソコソコ撮れるようになったよって感じです。

動画撮影中にAIが勝手に判断してスクリーンショットを残す機能は、残念ながらまだ試せていません。
これは今までのSHARP端末には無い機能なので、ちょっと期待してたりします。



■ Wi-FiとBluetooth性能について ■


Wi-FiやBluetoothが今までのSHARP端末と比べすこぶる良好です。
Wi-Fiはとても良く粘ってくれますし、通信速度も向上している気がします。
筆者の環境下で、今までの端末であれば自宅トイレでは電波ギリギリ。
ドアの方向に腕を伸ばさないと通信できなかったのが、今は快適そのものです。

Bluetoothは、今までの端末ではブツブツ音が切れてイライラする時がありましたが、この端末では今の所不満点は見当たりません。
今までのSHARP端末であれば、腰にスマフォを下げた状態でBluetoothヘッドフォンを使用しているとほぼ間違いなく音声が途切れて使い物になりませんでした。

筆者の環境下で言えば、バイクでのナビ&プレイヤーとしての役割はかなり満足度の高い改善です。



■ 液晶性能について ■


前機種のAQUOS Rから何故かスペックダウンしたハイスピード液晶ですが、これは杞憂でした。
指に吸い付くような感覚は、今までSHARP端末を使ってきたユーザーであれば感動ものです。
「ヌルサク」と言う言葉が出来て久しいですが、SHARPがこの言葉通りを追い求めた結果が、この液晶の答えなのだと思います。

画面も本体サイズの割にかなり広く、ノッチ部分が購入前から気になってたんですが、ゲームはフリーセルとか将棋とかオセロとかしかやらない筆者にとっては今の所気になる事はありませんでした。
強いて言えばホームボタン関連がすぐに隠れてフルスクリーンになってしまうので慣れるまで時間がかかりました。

しかしこれは指紋センサーに機能を割り当てる事が出来るので、よく考えられてるなーと思いました。

指紋センサー押す→ホームボタン(◎ボタン)
指紋センサーを左から右へスライド→戻るボタン(◁ボタン)
指紋センサーを右から左へスライド→マルチタスク(□ボタン)

指をスライドさせる方向がカスタムできれば尚良かったかなと思います。

欠点を挙げるとすると、液晶自体19:9と言う事で、まだまだ対応しきれていないアプリが多々あるようで、変に間が空いてしまったり、白や黒の空間が出来る事があります。
また、気になる人はやはりノッチ部分の大きさは気になる所ではないでしょうか。


■ 本体スピーカーの音質について ■


これはSHARP端末では大きな前進かもしれません。
筐体から響き渡る音質は、今までのSHARP端末には無い物でした。
ただし、モノラルであると言う欠点があります。
筆者が昔から使っているPowerampで、フラット状態の音を聴く限りでは、尖ったような音では無く上品な音といった感想です。


■ 筐体の放熱について ■


これに関しては、筆者の環境下で言うと30度近い炎天下、ツーリングでナビとして使った限りだとメチャクチャ熱くなりました。
周りの鉄部分が本当に熱く心配でしたが、温度警告が出て充電が停止されるような事も無く、本体内部に籠もる熱を確実に逃がしている印象を受けました。
また、ナビも画面がフリーズするような事も無く、充電しながら音楽とナビを動かし炎天下を乗り切ったのは結構感動しました。

普段使いでここまで熱くなった事は今の所これ一度きりで、通常はほんのり温かくなるくらいです。


■ テレビの性能について ■


ワンセグ / フルセグ どちらも室内では視聴できませんでした。

・・・しかしですね・・・・
DSC_0034
この付属のアンテナ。
これをイヤホンジャックに差し込むだけで、ワンセグばかりかフルセグで視聴できました。

なんだか某ジ○ンプ漫画の銀○に出てくる某星の王子さまのち○こみたいで嫌ですが。

これ常時持ち歩くか?と言うと、殆どの方はNOだと思いますが、これ刺すだけでフルセグが見れると言うのは凄いです。
勿論録画も出来るわけで、これは結構凄いのではないでしょうか。


■ エモパーについて ■


筆者がこの機種を買う前に使っていた506SHを購入時、面白がって使っていたエモパー。
すぐに動作が重くなるので、すぐに使わなくなったのですが、AQUOS R2はスペックに余裕があるのか、今の所快適に話しかけてくれたりします。

ただ、部屋の中とはいえ、「ハロー、エモパー」とか「他には?」とか話しかけるのは未だに抵抗があります(笑)
たまに聞き取れないとか言われてどっか行っちゃったりするのも愛嬌でしょうか。

天気とかは結構詳細まで教えてくれるので便利ですよ。


■ 総評 ■


前作R以前の、今までのSHARP端末と比較して、徹底的に弱点を潰してきた端末と言う感想です。
しかしながら、カメラや本体スピーカー等、他メーカーに負けず劣らず・・と言うにはあと一歩と言う感じでもあります。

指紋認証の場所が画面下になったのは大変使い勝手が良いと感じます。
ただ、筆者は男でもソコソコ手が大きい方なので問題ないですが、指紋認証しようとして片手で動かしているとツルっと落下させそうで怖い時があります。

画面の大きさゆえ、適応していないアプリとの相性もあると言うのも弱点と言えば弱点です。

心配していたバッテリー持ちは、購入から3日経ってやっと落ち着いてきた感じです。
この調子であれば、Web視聴やフリーセル等のちょっとしたゲーム程度であれば、筆者の環境下で一日半は確実に持ちそうです。

動作はSnapdragon 845の恩恵なのか、今までに無いくらいの安定感。
激しい使い方をすると、持てなくは無いですがかなり激しく放熱するようですが、動作は安定して使えるのは凄いです。

しかし、筆者は506SHからの乗り換えですから、前作AQUOS Rを持っているユーザーから見れば、物足りない所も多々あると思います。
筆者は二年に一回、機種変するかしないかって程度のユーザーですから、この進化には大いに満足しました。



■ 最後に現在確認できる不具合(?) ■


某掲示板を見る限り、この端末には残念ながら個体差があるようです。
報告が上がっている物として

・ 15Mサイズのカメラ画像の右下に、ピンク色のドットが映り込む
・ サイドにある音量ボタンの下げる側が効きづらい
・ アプリによっては変な余白が出来てしまう
・ 尿液晶
・ 本体連絡先が作成できない(仕様?)


筆者的には、最近のスマフォの高級感演出だかのツルツル具合がどうにもダメです。
なので、久しぶりにこんなの買ってみました。



外さないとバイクのスマフォホルダーに入れられないのが不便ですが
持ちやすさは向上しました。 筆者的には見た目マッチョで大変気に入りました(笑)


■ 追記 ■


※ 2018/06/12 ソフトバンクのみかもですが、システムアップデートが配信されましたので、以下本体アップデート画面に出てくる原文です。

【更新内容】(ビルド番号 : S0009)
・電話に応答すると、稀に通話できない場合がある事象の改善
・セキュリティの向上
※その他の更新も含まれております。


スマフォをAQUOS R2にした話 その1はこちら



スポンサードリンク