2018年05月21日。

リコーイメージングスクエア新宿に行ってきました!

PENTAX K-1を、基盤交換と言う形でMarkⅡに有料で物理的にアップグレード。
こんな面白い事参加しない訳にはいかない。

RICOHのホームページでアップグレードサービス予約をするよ!!
とアナウンスがあり、筆者は前日から貼り付いていたんですが、更新されたように見えない。
前日になっても画面が変わった形跡が無いので、早朝オープン前にダメ元で並んでみました。

新宿のオープンが10時30分。
筆者は30分前に到着したんですが、すでに前に2人並んでいました。
並び始めてからものの数分で10人位の行列になってました。

オープン後、整理券は三番。

「本日はどんなご用件ですか?」
「アップグレードです!」

そんなやり取りがずーっと続いているのを見ながら
ここにいる人殆どK-1持ちなんだ・・と、感慨深かった。

20分くらいでしょうか。
整理番号を呼ばれて、予約の有無を聞かれて事情を説明。

店員さん「オープン前の会議の時確認しましたが、更新されてますよ!」
筆者「え?」

スマフォの画面を開くもやっぱり更新されてないっぽい・・・ん・・・?
画面をスクロールすると、ページの中間位に受付日付が・・・

そう、筆者は表示される画面のわかりやすい所が変わると思い込んでいて、下まで確認していなかったのです。

店員さん「一般受付になるので、完了が6月10日くらいになります」
筆者「お願いしますっ!!」
※ 現在は持ち込みでも2ヶ月待ちのようです

そんなやり取りがあって先日、アップグレード完了の電話が!
早速取りに行ってきましたっ!
BlogPaint
ここの・・・ここの隙間にあったSRのバッジがですね・・・
BlogPaint
Ⅱの文字に!!
DSC_0009
SRバッジは当初どちらか選べるとアナウンスがあった気がするんですが、SRバッジも返却してくれるので、自分で貼り直す事も可能になってました。
MarkⅡのマニュアルと付属のソフト(DIGITAL CAMERA UTILITY)
それとメッセージカードが一緒に付属。
カメラ底面のCEとかうんたら書いてあるシールも、新しくMarkⅡ用に貼り替えられます。

ファームウェアのバージョンは現時点で最新のVer1.02
メニューボタンで表示される設定は、測光とAF範囲以外は、グレードアップ前の設定が引き継がれていたので、USERモードの登録や著作権登録等、自分設定をやり直さなくて済みました。

リコーイメージングスクエア新宿から帰る途中、新しくなったリアルレゾリューションシステム(以下RRS)で遊んでみました。

手持ちのRRSは普通にメカシャッターが4回切れた後、30秒くらいかけて合成。
新宿御苑の温室で、ベルベットのような質感の葉っぱを撮ってみました。
今回のサンプルは全てDFA100 F2.8WRで撮ってます。
3
等倍サイズで一部切り出してみると・・
1
結構凄いかも・・・
参考にと、通常撮影の物も撮ってあったんですが、手ブレでは無く葉っぱが微妙に風でぶれてしまったようで、参考にはならなそう。
2
うーん・・ボケボケでやっぱり参考にならない・・
ちなみにRRSも通常撮影もISO100、F8、SS1/20です。

ついでに歩いてる人を撮ってみました。
RRSによる過去の失敗はこちらの記事
7
うお・・・普通のスローシャッターみたい・・
色々クリーチャー化しているけどなんと言う期待はずれ・・
ならば手持ちRRSを解除して動体補正にしてみよう。
8
なん・・だと・・・
いや、おかしいおかしい。
筆者の記憶の中のRRSはもっとこう・・3Dメガネで飛び出る感じの・・・

よし、次は動体補正オフにしてみよう。
9
これだあああああああああああああああああああああ!!!!
このなんとも言えないブレ感。
しかしRGBズラして撮影しました的な3D分身になってない。

バージョンアップで制御に色々変更があったのかもしれません。

・・はっ!?目的をすっかり見失ってる・・・!??

とりあえず、手持ちRRSはじっくり撮れるシュチュエーションなら効果あるかも。
通常のRRS(動体補正ON/OFF)合成が10秒くらいなのに対して、手持ちは30秒くらい。
三脚を使うRRSと比べると効果が薄いらしいけど、手持ちで出来るようになった事で、チャレンジ頻度は上がる気がします。

そうそう、有名サイトでMarkⅡレビュー記事でちょっと炎上してた赤色飽和。
PENTAXのプリセットカラー「雅」で撮影されていた為、そんな感じに写ってたんですが、勿論カラーバランスを変えれば問題なく撮れます。

ネタにされていただけだと思うんですが、一応MarkⅡの名誉の為にサンプルを。
10
これはホワイトバランスをCTE、カラーをリバーサルフィルムで適当につつじを撮影。
11
ホワイトバランスをAW、カラーをフラットにするとこんな感じです。
プリセットで大分印象が変わるので心配だった方、安心して大丈夫ですよ。

AFの追従性能は、迷う時は迷うし・・あんまり変わった印象は無いかなぁ・・
これもAFモードで随時変わるので、K-1無印が無い今となっては検証できません。

とまぁ、そんな訳で作例を撮りためたら、また記事書いてみようと思います。
とりあえず、写り自体は素人の筆者には全く関係ないくらい変わらず(少しザラつきのあるシャープ画質)で、高感度性能がアップしたと言う印象なので一安心です。