筆者はバイクでキャンプをしています。

持っていく装備を考えると、どうしても容量に制限がかかるのです。
快適を追求すると嵩張ってしまうし、あれもこれもは持っていけない。
でも持っていきたい。

先日買ったワンポールテントを使用する前提で装備を考えたんですが
テント内のスペースは広いのに、椅子を置くと狭く感じてきたんです。
DSC_0068
思い切ってグランドシートに直座りで凄してみたけど、なんだかちょっと居心地が悪い。
直座り用にキャプテンスタッグのアルミローテーブルを持っていったんですが
DSC_0196
椅子が無いと、中腰でモソモソ動かないといけなくて疲れるんです・・
大きさも、調理場や食器置くにしても微妙な広さに感じてしまう。

いっそ無くても良いかな?と考えたんですが、それはそれで不便・・・
それなら椅子とローテーブル、新調してみようかな?と考えた訳です。

グランドシート生活をベースに、椅子とテーブルをAmazonで検索。
しかしローチェアは、バイクの積載に適した大きさって中々無いんです・・

ヘリノックス系のチェア
だと、座り心地は良いんですが、微妙に嵩張るし高さがある。
そこでこんなのを買ってみました。
DSC_0183
CLS 超軽量スツール
DSC_0185
何故かアルコールストーブと大きさ比較。
かなりコンパクト設計です。
DSC_0186
展開すると、こんな感じの椅子になるんです。

高さは27cmでかなり低く、背もたれはありません。
体もくの字になるんですが、不思議と座り心地は悪くありません。
調度良く足が伸ばせるのでそう感じるのかも。

ちなみに筆者は180cm71kgの体型で、装備を持って80kg近くでも壊れませんでした。
小型軽量で、収納時嵩張らないのがとても便利です。

しかし高さが27cmだとキャプテンスタッグのアルミローテーブルは微妙に低い。
で、新潮したのがこちら。
DSC_0004
キャプテンスタッグ アルミローテーブルミニ
DSC_0005
収納袋は中で仕切りがされていて、天板に傷が付くのを防ぎます。
DSC_0007
脚と天板を分けられるのって地味に良いです。
DSC_0008
天板のサイズはこんな感じ。
アルミローテーブルと大きさ比較。
アルミローテーブルミニと言うだけあって、かなりコンパクトサイズ。
DSC_0010
脚を組み立てて・・
DSC_0012
天板を取り付けて完成。
DSC_0014
高さはアルミローテーブルと比べて、少しだけ高い22.5cm
BlogPaint
前述の超軽量スツールと合わせてみると・・
DSC_0021
こんな感じのサイズ感。
BlogPaint
本当にお一人様御用達サイズって感じ。
DSC_0023
SOTOのガスバーナーだと、これだけで占拠しちゃいますね。
DSC_0025
中華ガスバーナーだと高さも調度良い感じです。
ガスボンベはSOTOのCB缶を使用してます。
なんと言うか、お湯沸かしてコーヒーでも・・と言う感じにはピッタリ。

スツールに座りながらだと程よい高さ。
ガスバーナー以外、カップ位しか置けない潔さも、筆者には良い感じです。

キャプテンスタッグのローテーブルで、この手のタイプはもうひとつあって
大きさも高さもあるので、好みに合わせる事も可能です。

筆者の場合、あまりローテーブルは大きくなくて良さそうな事と
収納サイズ30cmと言う所に惹かれてこっちを購入しました。

スツールアルミローテーブルミニを合わせても、今まで使っていたローチェアよりコンパクト。

ワンポールテント内でも邪魔にならなそうなので、とても気に入りました。