この間書いた記事で、失敗談を書いた。


ここで書くとネタバレになってしまうので、ちょっと長々と遠回しに書く。


バッテリーは安い物を買うのはやめようねっ!!!(直球)


いや、バッテリーが弱ってきている兆候があるなら良い。


でもね、突然セルが回らなくなるわけです。


季節は冬。


結構長い用件を済ませて、すっかり冷え切ったエンジンに火を入れる。


・・ギュ・・ギュ・・・ギュ・・・・ギュ・・・・・・ギュ・・・・・ギ・・・・


(筆者戸惑う)


もう一度試すもやっぱりかからない。


・・・・・・・いやああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!!!!!終電も行っちゃったし帰れないいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいっ!!!!!!!


タクシーも通らないし、バイクをここに残して去るのもしたくない。


そんな時に力になってくれたのが、携帯型ジャンプスターター。


安いバッテリーを購入した時、念の為に買っておいたのだ。



今では買えないようだが、初めて買ったジャンプスターター。
これも当時としては激安品で、本当に使えるのか疑問だったのだが、筆者はトップケースに常備させていた。


購入したての時、実験で一度試してエンジンが始動したものの、エンジンがここまで冷えてしまうと心配。
一応、バッテリーはキーをONにした時にメーター周りを光らせるだけの電圧が残っていた。
車体から外さず、ジャンプスターターを電圧補助として使用し、見事一発でセルが回った。


しかし、実際使う機会があったのはこれ一度きり。


一度しか使わなかったけれど、いざと言う時、これ程心強い物はない。


しかもモバイルバッテリーにもなるスグレモノ。


ただ、表示は8000mAhを謳っていたものの、実際の容量は3000mAh位だった。


1年が経ち、そろそろ買い替えかなーと思っていた時、同じ価格で10000mAhのものを見つけた。
DSC_0011
GOOLOO緊急ジャンプスターター
DSC_0012
QUICKCHARGE対応で、2ポートとも2A以上で充電可能。
DSC_0020
電源ボタンを長押しで緊急ライトにもなる。
相当明るいので汎用性は高いと思う。
DSC_0019
450Aピーク電流で20回セルが回せると謳っている。
DSC_0015
側面にバッテリー端子を接続するポートがある。
DSC_0016
開けるとこんな端子が出てくる。
DSC_0017
物凄いごっつい端子だが、以前買ったものより安全そうではある。
DSC_0013
スイッチの上にバッテリー容量のインジケーター。
DSC_0021
大きさは大体5インチのスマフォ程度なのだが、写真撮るために使ってしまっているのでFirestickTVのリモコンと何故か比べてみた。
DSC_0022
ケース付で、バッテリー端子とジャンプスターター本体がすっぽり収まるが、ちょっと大きめ。
若干隙間があるので、筆者はここに車検証とか一緒に突っ込んでいる。


10000mAhの容量があるモバイルバッテリーにもなるので、ツーリングには最高のアイテム。
出先の緊急事態を回避できる可能性が高まる上、スマフォの電池切れで外部と通信不可能と言う事態も回避できるスグレモノだ。


スイッチの端子が大きくて電源が入りやすいのが若干使い勝手が悪いが、フル充電になるのも早いので持っていると何かと便利だ。

スポンサードリンク