前回のつづき。


山梨は西湖の畔でキャンプ。


夜が来て焚き火も終え、テントの中へ潜り込んだ。


今日の耐寒装備


極暖ヒートテック+超極暖ヒートテックの重ね着
ジーンズの上に雨具のパンツ
インナープロテクターベスト+USBヒーター
ブロックテックフリースパーカー+先日買ったアウター
貼るカイロミニ*10枚
先日モーターサイクルショーで貰ったアシックスの足袋靴下
エアーマット
最低気温5℃までなんとかなる寝袋
ハクキンカイロ


これで何とかしようと思う。
012
かなり冷え込んできたので、テントの中で湯を沸かした。
フライシートに水滴がかなり付いてしまった。


まだ21時を過ぎたくらい。
インナープロテクターを着込んだ状態で寝るとは思っていなかったが
脊椎プロテクターを換装していたおかげで違和感無く、むしろ背中が暖かくなった。


しかし、ここでトラブル。
寝袋のファスナーが壊れて閉まらなくなった。
しかも、電熱化したのでバッテリーが持つ間は大丈夫だったが、午前2時にバッテリーが切れ、寒さで目が覚めてしまった。


用意していた貼るカイロを肩、胸、腰、足の裏に貼ったが地味に寒い。
ハクキンカイロを懐に忍ばせたのだが、これが最高に暖かかった。
途中、他のキャンパーの歩く音や声で何度か目が覚めつつ、無事夜が明けた。
013
テントから出ると、テントに霜が降りて、フライシートから雪のようにこぼれ落ちた。
バイクを見るとこの状態・・・・冷凍ZZRと化していた・・・
サイトオーナーの話だと、-3℃だったらしい。
004
樹脂製のトップケースも霜でカチコチ
006
早々に焚き火の準備をしていると、他のキャンパーもテントから出てきた。
005
山陰から朝日が登る。
そうそう、テントの片側だけ開放して、目隠しとして使うことも出来る。
5節のポールは高さ調整が容易なので、こんな風に張ってみた。
風除けにはなるが、開放側から急に吹いてくるとかなり煽られる。
テント付属のペグは丈夫だが、長さが足りない気がする。
角度にもよるのだろうが、突風が吹くとペグが根本から吹っ飛ぶ。
007
飯は昨日買ってきたパンを温めて食べた。
ホイルで巻いて焚き火に突っ込んでみたが、やっぱり表面黒焦げになったのは言うまでもない。
やはり、ホイルに巻いたらお湯に浮かばせるのが一番うまく行く。
008
朝からこんな事してるのすっごい恥ずかしい・・・

ペンタックス用のリモコン
が2~3Mしか届かない。
激安でレリーズの代わりになるので重宝しているが、自撮りには向かないようだ・・
009
テントの設営は立てるだけなら5分くらいだったが、撤収は10分くらい。
インナーテントとフライシートをいかに早く畳めるかが肝。

帰りにナビを使わず、知らない地名をフラフラ寄り道をしたのだが・・・
「早川」と標識が出ていたので、強羅の方に出るのか?と思ったら南アルプスの方に出た。
しかも道の終点は行き止まり。

そこから来た道を引き返すも、ナビの表示が自宅まで5時間超え。
談合坂から大渋滞で自宅についたがヘトヘトになった。

今回、一睡も出来なかった前回のリベンジとしては、ちょっとは成長したかな?程度。
ワンポールテントのフライシート内が思いの外暖かかった事もあるが、ちゃんとした寝袋買わないと駄目だなぁ・・・・・

スポンサードリンク