いやっほう!春だぜっ!!!!


桜の開花と共に、居ても立ってもいられず。


東京モーターサイクルショーの余韻に浸る間も無く(ほぼ悪夢)自宅を飛び出した。


行き先は山梨。


筆者が数年前に、危うく凍え死にしそうになったキャンプのリベンジだ。


向かうは西湖の畔、西湖自由キャンプ場


バイク1台1000円。
シーズン中は1500円。
薪有り / 直火不可。



ソロキャンパーも多いこのキャンプ場。
歩いて2分程の所にいずみの湯があり、キャンプ場で貰える割引券を使って800円で入湯可能だ。
ちなみに食事も出来るので、キャンプで料理をしない方には嬉しい。


・・で、道中、先日のなごり雪が道路脇に相当残っていて筆者困惑。
ところどころ溶け出た水が、歩道に流れ込んでいる。
残雪が山々にも残っていて、富士吉田に入った頃から吹く風も肌寒くなった。



とりあえず、現地に行って泊まれるか見てから決めよう。
001
11時過ぎにキャンプ場到着。

西湖自由キャンプ場
は持ち込みなら釣りもカヌーもOKらしい。
対岸の山には雪が相当残っていたが、サイト内は雪が全く残っていなかった。
キャンプ場のお母さんの話だと、昨日からサイトを開放。
今日の朝まで雪が残っていたが、すっかり溶けたとの事。

日当たり良好で暖かい。
BlogPaint
早速設営。
先日仮設したおかげでテントの設営はスムーズ。
サイトの指示で湖側に開口部を向けた。

タープポールは、仮設の時に使い勝手があまり良くなかったので新調した。
Sutekus テント タープ ウイング 用 アジャスタブル ポール 2本セット
1本38cmの5本節。
最大190cmで最小76cmのポールに出来る。

190cmだと高いかな?と思ったが、設営した感じでは丁度よい高さだった。

003
コットの上に空気マットを敷いた。
DSC_0007
自動で膨らむマットでは無いが、膨らませやすい機構がある。
マットとピローが一緒に入ってこのサイズ。
004
そうそう、このテントのインナーとフライシート開放部にこんなトグルがあるのだが、こんな風にカーテンを纏める事が出来る。
005
しかし、フライシート開口部のトグルは、チャックで開閉する際に邪魔。
引っ掛けないように注意。
6
焚き火台を仮設置。
薪はこのキャンプ場で500円だった。

バイクで10分程走った所に、食材を買える場所がある。
豚肉買ってきて生姜焼きを作ったのだが、食うことに夢中になって撮影するのを忘れた・・・
新調したクッカーのフライパンは、やはり焦げ付きやすいので低温でじっくり焼いた。
008
そんなこんなで日が暮れた。
ワンポールテントのセンターポールに4in1ライトを固定した。
ポップアップランタンを入口に吊るした。
007
火をおこす前に、身体をちゃんと温めておくことにした。
露天、サウナ、ジェットバス、泡風呂、薬草風呂、打たせ湯があるが、お湯もサウナも絶妙な熱さ。
長風呂するには丁度よいぬるさとも言える。
009
100均の着火剤を使ったが、風が強いとすぐに消えてしまう。
試行錯誤の末、ようやく火が着いた。
010
うーん・・やっぱり火があると暖かい。
011
気がついたら、薪が半分以上無くなっていた。
聞いていた通り、この焚き火台は良く燃える。

時間も21時近く。
明日の朝も寒いだろうし、早々にテントに潜り込んだ。

日中とは違い、どんどん気温が下がっているが・・・

夜が来て焚き火も終え、テントの中へ潜り込んだ。


今日の耐寒装備


極暖ヒートテック+超極暖ヒートテックの重ね着
ジーンズの上に雨具のパンツ
インナープロテクターベスト+USBヒーター
ブロックテックフリースパーカー+先日買ったアウター
貼るカイロミニ*10枚
先日モーターサイクルショーで貰ったアシックスの足袋靴下
エアーマット
最低気温5℃までなんとかなる寝袋
ハクキンカイロ



これで何とかしようと思う。
012
かなり冷え込んできたので、テントの中で湯を沸かした。
フライシートに水滴がかなり付いてしまった。


まだ21時を過ぎたくらい。
インナープロテクターを着込んだ状態で寝るとは思っていなかったが
脊椎プロテクターを換装していたおかげで違和感無く、むしろ背中が暖かくなった。


しかし、ここでトラブル。
寝袋のファスナーが壊れて閉まらなくなった。
しかも、電熱化したのでバッテリーが持つ間は大丈夫だったが、午前2時にバッテリーが切れ、寒さで目が覚めてしまった。


用意していた貼るカイロを肩、胸、腰、足の裏に貼ったが地味に寒い。
ハクキンカイロを懐に忍ばせたのだが、これが最高に暖かかった。
途中、他のキャンパーの歩く音や声で何度か目が覚めつつ、無事夜が明けた。
013
テントから出ると、テントに霜が降りて、フライシートから雪のようにこぼれ落ちた。
バイクを見るとこの状態・・・・冷凍ZZRと化していた・・・
サイトオーナーの話だと、-3℃だったらしい。
004
樹脂製のトップケースも霜でカチコチ
006
早々に焚き火の準備をしていると、他のキャンパーもテントから出てきた。
005
山陰から朝日が登る。
そうそう、テントの片側だけ開放して、目隠しとして使うことも出来る。
5節のポールは高さ調整が容易なので、こんな風に張ってみた。
風除けにはなるが、開放側から急に吹いてくるとかなり煽られる。
テント付属のペグは丈夫だが、長さが足りない気がする。
角度にもよるのだろうが、突風が吹くとペグが根本から吹っ飛ぶ。
007
飯は昨日買ってきたパンを温めて食べた。
ホイルで巻いて焚き火に突っ込んでみたが、やっぱり表面黒焦げになったのは言うまでもない。
やはり、ホイルに巻いたらお湯に浮かばせるのが一番うまく行く。
008
朝からこんな事してるのすっごい恥ずかしい・・・

ペンタックス用のリモコン
が2~3Mしか届かない。
激安でレリーズの代わりになるので重宝しているが、自撮りには向かないようだ・・
009
テントの設営は立てるだけなら5分くらいだったが、撤収は10分くらい。
インナーテントとフライシートをいかに早く畳めるかが肝。

帰りにナビを使わず、知らない地名をフラフラ寄り道をしたのだが・・・「早川」と標識が出ていたので、強羅の方に出るのか?と思ったら南アルプスの方に出た。しかも道の終点は行き止まり。

そこから来た道を引き返すも、ナビの表示が自宅まで5時間超え。談合坂から大渋滞で自宅についたがヘトヘトになった。

今回、一睡も出来なかった前回のリベンジとしては、ちょっとは成長したかな?程度。ワンポールテントのフライシート内が思いの外暖かかった事もあるが、ちゃんとした寝袋買わないと駄目だなぁ・・・・・

■ 関連記事 ■

カテゴリ:アウトドア

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
にほんブログ村