いやっほう!春だぜっ!!!!


桜の開花と共に、居ても立ってもいられず。


東京モーターサイクルショーの余韻に浸る間も無く(ほぼ悪夢)自宅を飛び出した。


行き先は山梨。


筆者が数年前に、危うく凍え死にしそうになったキャンプのリベンジだ。


向かうは西湖の畔、西湖自由キャンプ場


バイク1台1000円。
シーズン中は1500円。
薪有り / 直火不可。


ソロキャンパーも多いこのキャンプ場。
歩いて2分程の所にいずみの湯があり、キャンプ場で貰える割引券を使って800円で入湯可能だ。
ちなみに食事も出来るので、キャンプで料理をしない方には嬉しい。


・・で、道中、先日のなごり雪が道路脇に相当残っていて筆者困惑。
ところどころ溶け出た水が、歩道に流れ込んでいる。
残雪が山々にも残っていて、富士吉田に入った頃から吹く風も肌寒くなった。



とりあえず、現地に行って泊まれるか見てから決めよう。
001
11時過ぎにキャンプ場到着。

西湖自由キャンプ場
は持ち込みなら釣りもカヌーもOKらしい。
対岸の山には雪が相当残っていたが、サイト内は雪が全く残っていなかった。
キャンプ場のお母さんの話だと、昨日からサイトを開放。
今日の朝まで雪が残っていたが、すっかり溶けたとの事。

日当たり良好で暖かい。
BlogPaint
早速設営。
先日仮設したおかげでテントの設営はスムーズ。
サイトの指示で湖側に開口部を向けた。

タープポールは、仮設の時に使い勝手があまり良くなかったので新調した。
Sutekus テント タープ ウイング 用 アジャスタブル ポール 2本セット
1本38cmの5本節。
最大190cmで最小76cmのポールに出来る。

190cmだと高いかな?と思ったが、設営した感じでは丁度よい高さだった。

003
コットの上に空気マットを敷いた。
DSC_0007
自動で膨らむマットでは無いが、膨らませやすい機構がある。
マットとピローが一緒に入ってこのサイズ。
004
そうそう、このテントのインナーとフライシート開放部にこんなトグルがあるのだが、こんな風にカーテンを纏める事が出来る。
005
しかし、フライシート開口部のトグルは、チャックで開閉する際に邪魔。
引っ掛けないように注意。
6
焚き火台を仮設置。
薪はこのキャンプ場で500円だった。

バイクで10分程走った所に、食材を買える場所がある。
豚肉買ってきて生姜焼きを作ったのだが、食うことに夢中になって撮影するのを忘れた・・・
新調したクッカーのフライパンは、やはり焦げ付きやすいので低温でじっくり焼いた。
008
そんなこんなで日が暮れた。
ワンポールテントのセンターポールに4in1ライトを固定した。
ポップアップランタンを入口に吊るした。
007
火をおこす前に、身体をちゃんと温めておくことにした。
露天、サウナ、ジェットバス、泡風呂、薬草風呂、打たせ湯があるが、お湯もサウナも絶妙な熱さ。
長風呂するには丁度よいぬるさとも言える。
009
100均の着火剤を使ったが、風が強いとすぐに消えてしまう。
試行錯誤の末、ようやく火が着いた。
010
うーん・・やっぱり火があると暖かい。
011
気がついたら、薪が半分以上無くなっていた。
聞いていた通り、この焚き火台は良く燃える。

時間も21時近く。
明日の朝も寒いだろうし、早々にテントに潜り込んだ。

日中とは違い、どんどん気温が下がっているが・・・

一抹の不安を残しつつ、次回へつづく。

■ 掲載遅延のお詫び ■
こちらのミスで、いつもと配信時間が大幅に遅くなってしまいました。
昨日は配信時間の設定ミスで、今回は記事書いていたらPC前で値落ちしてしてました。
大変申し訳ありません。
スポンサードリンク