前回のつづき。



今日はオールドレンズのお話。



筆者のカメラの先生は、Pentax K-50と言って過言は無いです。



比較的手に入れやすい価格なのに、ファインダー視野角100%だし、電池で動くし、オートで撮っても設定値がモニタに表示されるので、自分が今撮った内容がとてもわかり易かったのです。



撮った写真が自分好みじゃなければ、とりあえずダイヤル回して何かの数字を変えれば露出が変わって、雰囲気がガラっと変わるのがとても楽しく感じた。



だんだんとカメラの挙動がわかってくる内に、今度はオートフォーカスが気になり始めましたた。
画面端にピンを合わせたいのに、どこにピント持ってってるの!???とか。



じゃぁ、自分でピント合わせればいいのかと、マニュアルフォーカスに切り替えたのです。



これが中々・・・難しかった。



ファインダーで確認した写真見たら、ピンが全然ボケボケだったり。
ピンが全然合わない??なんかボケてる???壊れた!!?とか焦ってたら、視度調整ダイヤルとか言うのがいつの間にか狂ってたり。



オートフォーカスってすげえな・・・とか思いつつ、マニュアルで撮った時に、狙い通りに撮れてたりすると嬉しくて、またカメラが楽しくなった。



・・話が随分回りくどくなりましたが、マニュアルで遊んでいた延長線上に浮上したのが、昔のレンズなのです。



オールドレンズと言われる種類のレンズ達。



欲しいと思っていた画角のレンズが、比較的安い価格で買えると言うのが筆者にうってつけでした。



今回はその中でもロシアンレンズと言われるレンズから、今回はJupiter9で撮った作例をアップします。



Kマウントのままでは使えないので、Kマウント→M42変換アダプターを使います。
そういえば、絞りがいくつだったか、Exifに残らないので、おおよその範囲で。



まずは生き物。

004
85mm 1/100 ISO400


005
85mm 1/100 F2 ISO400


006
85mm 1/200 F2 ISO400


007
85mm 1/15 F2 ISO400


008
85mm 1/250 F2 ISO400


009
85mm 1/250 ISO400


続いてスナップ


003
85mm 1/15 ISO400 ハードモノクローム


あとはお花。

001
85mm 1/40 F2 ISO100

002
85mm 1/4000 ISO100 色抽出フィルタ



このレンズ、筆者は最初にファインダーを覗いた時に感動しました。
なんだか見え方が透き通っていると言うか、ちょっとびっくりした。
中古でしか手に入らないと思いますが、絞りの形は綺麗で、柔らかい描写をしてくれます。



絞りやズームリングに癖があるものの、そういった部分含めて楽しめる人にはたまらないと思う。



今のところ、お店で購入した調整済み状態で問題が無いのですが、どこかでメンテナンスをしなければいけないんだろうな・・・それも自分で出来たら楽しそうだなと、今のところ考えてます。

 
 関連記事リンク  
 

Jupiter9 Amazon検索結果