突然ですが、筆者の愛車はZZR1400(07)。

もうかれこれ11年になる付き合いの長い相棒。

パワーが無いとか遅いとか言われている07年式。
セカンダリ外せだのマフラー替えろだの言われる度に

「うるせー!乗りやすいのが一番なんだよ!!」

と、シート下にある秘密のパワー開放もせず、この度やっと9万をキロを超えました。


そして、先月。
さぁ!乗るぞ!!!と思ったその時である。


ああああああああああああああああああああああああ!!!!
シート切れてるぅううううううううううううううううううううううううううううう!!!!
DSC_0049
※ 貼り替えた後も何故か捨てきれず撮っておいたノーマルシート。

4センチ程の亀裂が、愛車のシートに入っていたのだ。

11年も経てば、そら劣化して裂けるよな・・・・・

このままでは雨でも降ったら座った途端にお股ビッショリである。
早く直さねばっ!!!!

・・・と言う経緯で、この度シートカバーの貼替えにチャレンジする事に。

この間、メンテにバイク屋行った時に見たZX14R
自分で蛇革にシートを貼り替えたそうで、車体から漂うオーラが凄かった。
シートだけでも人と違うのはやっぱ良いのである。

出来る限りオリジナリティが出て、それとなくアピールできたら良いな・・・

とりあえず、シートを貼り替えるのには道具が必要。
調べると、「タッカー」と言う、ホチキスの凄い奴を買わないと駄目っぽい。


100均で売っているのでも何とかなるようだけど、やっぱり失敗が多いみたい。
近くのダイソーで実物を見てみましたが、シートの樹脂に打ち込むには貧弱に感じた。
タッカーで使う弾(ステーブルと言うらしい)も、バイクシートに打ち込まれている物と比べて細く、素人がやったら間違いなくホチキス失敗した時みたいになるのは目に見えていた。

なるべく失敗は少なく、投資も少なくしたい。どうせ買うなら長持ちするほうが良い。

そこでAmazonレビューを見ながら、手頃で一番丈夫そうなのを探したのがこれ



なんてったって名前に「パワー」が付いている。
ちょっと高いけど、これなら間違いなさそう!!!!!!

後は現状着いているシートカバーをどう剥がすですが・・・
マイナスドライバーとペンチで何とかなるみたいだけど、筆者の作業スペースは自分の部屋。
こんなもん力任せにやって、部屋に飛び散って足の裏に刺さるのは避けたい。

Amazonならペンチとドライバーを両立した道具がきっとあるはず!!!!!



ほらキタコレ!!!!まさに探していた形!!!!!!!

とりあえず、道具は揃った。
あとは革!!!!!!

このブログのタイトルを読んで、ここまで目を通してくれた皆様ならおわかりだろう。

そう!!ここでヤフオクである!!!!!


って言っても、すぐに買えないし届かないって理由で、あまりヤフオクを利用していない筆者。
それでも、愛車を購入してから、ちょくちょくパーツのチェックをしてちょいちょい購入してました。
その頃から、見かけていたこのショップ。

ピースクラフトさん。

日本製で評価の高い貼替えシートが買えるショップさんです。
シート生地の指定は出来ないものの、車種に合った立体縫製。
ZZR1400のシートは2型あって、タンデム部のシート素材を2種類から選べました。
筆者は標準のネオプレーンレザーから、カーボン調レザーに変更。

オプション(別料金)で同素材のタンデムベルト注文可能だったので注文してみた。

筆者の場合、オーダー(支払い完了)して3日程で縫製→発送と言う流れ。
土日祝日や、車種によっても恐らく工程が違うかもしれません。

てことで、次回はいよいよ貼替えに挑戦!!!

Part②につづく
スポンサードリンク