Part①の続き。

Amazonで見つけたバイク用の激安ドラレコのレビューです。

早速取り付けてみました。

ZZR1400の場合、バックカメラの取付け時タンクを少し浮かせる必要があります。
作業時間は素人の筆者がやっても1時間かからなかったので、比較的簡単かと。

さっそくキーを回してみましょう。
ezgif-4-e79c9af52d
・・・点いたああああああああっ!!!!!

ZZR1400のメーター下に脱着出来るようにマジックテープで貼り付けてみました。
キーONで自動的にドラレコの電源もON。
キーOFFでドラレコの電源もOFFされます。
本体には容量かなり少ないですがバッテリーを内蔵しているようです。
ブツっと切れるような事はないですが、1ファイル最低秒数が設定されているようで、電源OFFのタイミングが悪いと、動画ファイルが破損している時があります。

今までアクションカムをドラレコの代用として使っていたのでこれは便利!!
乗り降りの際にわざわざカメラを外さなくて良いのも楽ちんで良いです。

補足として、バッテリー直で電源を引っ張ってしまうと常時ドラレコ作動してしまうので注意。

バックカメラのコード長さが結構ギリギリ。
トップケース用のキャリー下にカメラを設置しました。
DSC_1444
バッテリー側に配線を通す際、シート下のガソリンタンクを固定しているボルトを緩めておくと通しやすいです。
筆者は無理やり通して、一度断線させてしまい、購入元に連絡してバックカメラだけ再購入してます・・

・・と、補足は置いておいて、思ったよりしっかり作動してる!!!!!

あとは録画された画像がどんなもんかですが・・・

やはりと言うか、期待通りと言うか、日中一通り走って問題点が浮き彫りに。

Part③へ続きます。


スポンサードリンク