記念すべきレビュー補足第一弾。

今回はバイク用の中華製激安ドライブレコーダーについて語ります。

最近Amazonでよく見かけるようになったバイク用のドラレコ。

・ HD画質
・ 前後同時録画可能
・ Gセンサ内蔵
・ ループ録画可能
・ 自動録画開始

などなど、説明だけ見ると結構良い事が書いてます。
形状や性能は見た感じ3種類くらいしかないけど、価格がバラバラ。
パッと見て、大体1万5千円前後と言った所です。

・・・ん~・・・・試しに買うにしても一万超えかぁ~・・・・

なんて躊躇していたら、何と驚きのプライム対応7500円が登場。
※ 現在は価格が下がっているようです。

上記性能に加え、他機種のほぼ半額と言う安さ。
工場直販と言えども、この性能で他機種を圧倒する安さ。
そして商品説明も怪しい日本語の数々。

「画素数300W」ってなんだ・・・

これは怪しい!よし!!!買うしかない!!!!(え?)

理性より好奇心が勝った瞬間である。

海外発送で二週間程経ったある日、中国から怪しい箱が届いた。
DSC_1417
見た目なんかズシっとしてそうな怪しい包み。
ワクワク半分、(爆発しないか)ドキドキ半分で開封。
DSC_1418
DSC_1419
KYLIN WING ドライブレコーダー 720P/30fps

・・・おお!!本当に届いた!!!
右上のFullHDのマークが光る!!!
そして”Motorcycle Recorder”の文字とカッコイイバイク。

誰がどう見てもバイク用ドライブレコーダーが本当に届いた。

しかし問題は中身だ。
早速開けてみよう。
DSC_1422
DSC_1423
・・あれ?想像していたのよりもずっと本格的・・・

「前にレンズ」「後ろにレンズ」と前後間違えないようにしっかり記載してくれている。
DSC_1434
前方カメラは4ピン端子。
DSC_1432
後方レンズは5ピン端子。
DSC_1430
給電用配線はマイナスだけクワ型端子。
DSC_1427
本体右横にmicroSD挿入口
DSC_1435
本体上部に、付属の樹脂製マウント接続箇所あり。
樹脂マウントは両面テープで任意の場所に貼付けるタイプ。
DSC_1428
マウント使うとこんな感じです。
※ 一度本体と接続するとハズすの大変。
筆者は嵩張るのでマウント使いませんでした。

・・・なんだか思いの外使えそうな雰囲気にビックリ。

しかし!!!!!!!

・・バイク(もしくは12Vバッテリー)に繋げないと電源入れらんない!!!!!!!!



って事で、その②に続きます。

※ ちなみに筆者はこれを使って動作確認をしました

スポンサードリンク