おはにちわっ!!

先日、東雲のランコランドで見つけたこのバック。
DSC_2559
※ 前ポケットの歯車は100均で買ったコースターです(笑)

DSC_2557
裏面がアルミ蒸着されてて、保冷/保温がある程度可能と言うバック。クッカー類とか一纏めにするのに丁度良さそうだなーと思って手にとったんですが・・・

ハイマウントと言うメーカーのコーヒーメーカー4点セットの組売りでした。

株式会社ハイマウント公式HP→https://highmount.jp/list/

で、店員さんにバック単体で購入できるのか伺った所、お店ではセット売りしかしていないとの事。なんでもキャンプ好きな店員さんが趣味で置いているのだとか。

折角なので4点セットの中身を見せて頂いたんですが、中々良さそうで単品2~3千円位のお手頃な価格帯の商品でした。

DSC_2548
・ キャンパストートバック(写真上)
・ フレンチプレス式のコーヒーメーカー(写真左)
・ コーヒーミル(写真中央)
・ ダブルウォールカッパーマグ(写真左)


と言う構成。
DSC_2550
抽出方法はメタルフィルターフレンチプレス式

フレンチプレスとはなんぞや!?と思ったんですが、挽いたコーヒー豆にお湯を注いで、上の写真のようなフィルター付きの棒で押し込んで豆カスを強制沈下させる方式みたいです。

雑味も含めて、コーヒー豆本来の味が楽しめるのだとか。

DSC_2551
蓋側のネジと

DSC_2553
フィルター側のネジを外せばプレス機構を解体可能
フィルタ側のネジは洗浄の時にも良く使います。

DSC_2555
コーヒーミルは外装ステンレス、刃はセラミックです。

DSC_2556
コーヒー豆の細⇔粗は、ここのネジで調整します。
写真はコーヒー豆を試しに挽いてみた後なので、挽いたカスが残ってます^^;

DSC_2554
ステンレス製のマグカップですが、特殊な銅メッキがされています。
二重構造になっていて保温機能もあり、あまり見ない形なので面白い。


筆者はこれまでのキャンプで、粉状のインスタントコーヒーは飲んでも自分で煎れる事はしませんでした。道具が増えるし、正直なところ、そこまでコーヒーに拘りが無いと言うのがありました。

コーヒー豆も良く分かりませんし、抽出方法も含めて沼に嵌りそうなのが怖いと言うのもあります。でも、実際にこういった道具を手にして、自分で買ってきたコーヒーを豆から抽出出来ると言う「行為」自体に何か特別な時間を感じた次第です。


■ 気に入ったところ ■

・ トートバックの裏面がアルミ蒸着なので、ちょっとの事では剥がれにくそう
・ このトートバックなら、ご飯の蒸らしにも使えそう
・ 素人でも簡単抽出可能
・ コーヒーメーカーがガラス製じゃないので割れる心配無し
・ 同メーカー製なのでトートバックに入れるにはジャストサイズ
・ メタルフィルターなのでゴミも出ずお手入れ簡単
・ コーヒーミルは低価格ながら良くできていてコンパクト
・ 保温機能があるマグカップで形状も大きく寸胴で筆者好み


■ 気になったところ ■

・ トートバックのチャック部分がアルミ蒸着では無いので保冷/保温が完全では無い
・ フレンチプレスの構造上、越し切れなかったコーヒーカスがマグカップ底にたまる
・ コーヒーメーカーで2杯分作ると、1杯目は自分好みでも、2杯目は滅茶苦茶濃くなってしまう。(2杯目がコーヒーメーカーに入れっぱなしになるので、その間ずっと抽出を続けている為)
・ 飲んだ後、コーヒーメーカーに残ったコーヒーカスの処理が紙フィルタより大変
・ コーヒーメーカーをフィルタ外してクッカーとして使おうとすると、コーヒー飲みたい時不便だし、結局クッカーは別に持ってった方が早い
・ マグカップの二重底がペコペコしてる
・ 美味しいかどうかは、使う豆次第・・だと思う



バラ売りであればネットでも購入可能みたいです。価格はそれぞれセットで買った時と大差ないので、全て揃えると税込み1万円ちょっとって感じです。

トートバック


コーヒーメーカー


コーヒーミル



マグだけAmazonに無かった(笑)

ちなみに、筆者が買ってみたコーヒー豆はたまたま通りがかったカルディで購入。

カナリオ → https://www.kaldi.co.jp/coffee/straight/post_37.php

カルディのカナリオと言うコーヒー豆を勧められるまま買ったのが大正解だったようです。凄く良い香りで、個人的に大満足でした^^


とりあえず、これを持って今季のキャンプ納めいくどーーーーーー!!!!


■ 関連リンク ■

カテゴリ:アウトドア
カテゴリ:バイク


にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ
にほんブログ村