おはにちわ。

今回は噂の超撥水デニム、WORKMANの「4D超撥水STRETCHパンツ」のレビューします。

実は、あまりの人気に実店舗では購入できず、WORKMANのオンラインストアを見たら、たまたま発注可能ですぐにポチったのです。

WORKMAN オンラインストア : 4D超撥水STRETCHパンツページ

この記事を執筆現在でも、インディゴは全サイズ揃ってるみたいですね。
※ お一人様一点限りしか注文できないようです。

で、実はオンランストアで購入前に、実店舗でMサイズだけあったので試してみたんです。
WORKMANに限らないんですが、服は本当に着てみないとわからない。
Mを試してみた結果・・・う・・キ・・・キツイ・・・・

筆者は身長180cm / 71キロなんですが、冬に買ったウォームパンツはLサイズでした。

【バイク】ワークマンで買った服を着て初日の出見に行った話【WORKMAN plus】
【バイク】ワークマンで買った服を着て初日の出見に行った話 その2【WORKMAN plus】


通常であれば、同じLサイズを購入するべきなんですが、なんだかちょっと自信が無くなるくらいキツイと感じてしまった(笑)

WORKMAN Plusの店長さんに、ウォームパンツよりもしかしてキツイですか?と率直に伺ったところ、XLを勧められました。「大きいサイズがすぐに売れちゃうんですよ」とおっしゃっていた通り、Mサイズが2点だけ残っていた売場が物語っていました^^;

で、購入してもキツかったらやだし、XL買っちゃいました><
後述しますが、Lでも良かったかもしれません・・・

DSC_0005
4D超撥水STRETCHパンツ インディゴ 税込2900円

■ 素材 ■

本体部分:
綿 85%
レーヨン12%

ウエストゴム部分 :
ポリエステル68%
ナイロン17%
ポリウレタン15%


となっていて、レーヨンが使われている為か、凄く柔らかい手触り
そして、超撥水と謳っていたので「フィルム内蔵で暑苦しかったらどうしよう・・」と言う筆者の不安が吹っ飛んでしまうくらい薄くて軽い!そして若干、起毛してるような手触り

超撥水の秘密は、どうやらここら辺にありそうですね・・

しかし、この素材感なら、真夏の炎天下でも着れそうです^^d



早速細部を見てみましょう。



■ ポケット類 ■

DSC_0007
右ふとももにはフラップ付きの大きなポケット

DSC_0006
左ふとももにはフラップの無い大きなポケット。

DSC_0009
それぞれ、筆者の手がすっぽり入るくらいの深さがあります。
※ 筆者のバイクグローブはLorXLですが、大体XLを購入しています。

DSC_0012
おしりのポケットも大きなポケットが。
今度は左側にフラップ付きポケット、右側は普通のポケットになってます。

右側ベルトループにDカンが付いていたり、前身頃左のベルトループがダブルになっていたりと、基本的なシルエットは冬に買った防風ウォームパンツと変わらないですね。

DSC_0014
ここも、かなり深めのポケットになっていてとても良いです。

DSC_0017
前身頃のサイドポケットも左右ともかなり深いです。

DSC_0019
一応、”デニム”だからか、コインポケットが付いてます(笑)
ここまで深いと入れたコインが取れなくなっちゃいそう^^;



■ 細部 ■

DSC_0015
特徴的なのが、この後ろ身頃にあるゴム。
収縮性はかなりあるので、筆者の場合、やっぱりLサイズでも良かったかな・・
ベルトしないと少し落ちてくるんですよね^^;

DSC_0016
裾はこんな感じでストレートシルエットでしょうか。
XLで筆者の個体では股下78.5cmありました。

DSC_0021
ベルトしないとやっぱりちょっと落ちてきますね(笑)
丈は筆者の場合だとブーツに合わせやすい長さでしょうか。
シルエットは細身なんですが、冬に買ったウォームパンツと比べるとダボ付きが・・
生地の薄さと柔らかさもあって、特に裾のシワがこんな感じになりやすいです。

・・・やっぱりLサイズにすれb・・

まぁ、ワンサイズ大きめでもメリットは少しあります。
すんごい動きやすい!!これです!!!(笑)

ユニクロのスキニージーンズで29インチとか30インチを穿かれる方は、Lサイズをオススメします。立体裁断のおかげでシルエットは綺麗だと思いますが、ピチッとしてないと落ち着かない人はLサイズがいいと思います

インディゴの色合いは写真では分かりづらいんですが、レーヨン混だからでしょうか。
若干イミテーションぽい青さがありますが、気になるほど変な色ではありません。



■ 撥水効果について ■

撥水効果は、もうすでに色々な方が動画だったりで検証してくれているので気になっている方もいるかと思いますが、念の為言いますと、この製品は「超撥水」であって、「防水」では無いので注意が必要です。

ガイアの夜明けでは” ポケットで金魚が飼える "なんて言ってたみたいですが、撥水しきれない程の水圧がかかると、当然浸水しますので注意が必要です。

DSC_0032
例えば、こんな感じの蛇口半分弱くらいの開度の水圧であれば

DSC_0033
超撥水効果で・・・

DSC_0035
撥水効果が発揮されます。
(実験ではもう少し強くしても大丈夫でした。)

DSC_0036
しかし、蛇口全開の状態だと・・・

DSC_0041
こんな風に浸水しちゃいます。

筆者はオートバイを運転するので、他の方の動画やレビューを見て、「そんなに凄い撥水ならカッパズボンいらないじゃん!!」なんて思ってたんですが、バイクで走行中に当たる雨の水圧は結構強いので、小雨程度でも走行スピードによってはあっけなく浸水しちゃうかも

とは言え、普通のパンツに比べれば、雨に強いのは明らか。走行中、突然の雨に慌てて、路肩へ止めてカッパに着替えなければいけないシュチュエーションは減るかもしれません。

安全な場所まで移動する余裕が生まれるのは有り難い事です。

・・・あ・・・上着はずぶ濡れかも(笑)

キャンプや普段使いであれば、よっぽどの豪雨に見舞われない限り撥水効果は期待できると思います。オートバイ同様、上着がなんとかなれば、下半身が濡れて体の芯から凍える事も少なくなるでしょうし、何より雨具の上着は着やすいですが、パンツは中々穿くのは面倒だったりしますよね。

キャンプなら、撥水、もしくは防水のウインドブレーカーとか着ている事もあるでしょうから、突然の雨に慌てて色々形付けてる間に自分はずぶ濡れ・・なんて無いかも。

・・あ、そうそう、変なタイミングになっちゃいましたが、気になった点を。
この超撥水パンツ、ちょっと起毛している為にゴミが付着しやすい気がするので、ブラックを購入された方は注意が必要かもしれません。



とは言え、WORKMANと言うブランドがこんなに楽しくなる製品を作ってくれるようになるとは思ってもみませんでした。少し前までは、安くカッパが買える店ってイメージでしたから^^;
この超撥水デニムは、雨だから外行くのだるいなー・・・なんて気分を払拭させてくれるかもしれない、凄い商品だと思うので、どんどん改良を重ねてバリエーションを増やしてもらいたいですね(*^^*)

筆者は、これからもWORKMANを応援したいと思います!


■ 関連記事 ■

【バイク】ワークマンで買った服を着て初日の出見に行った話【WORKMAN plus】
【バイク】ワークマンで買った服を着て初日の出見に行った話 その2【WORKMAN plus】
【WORKMAN Plus】噂の撥水デニムが届いたので早速レビューする【バイク】【アウトドア】

【WORKMAN】人気の撥水ジャケットが店舗に売ってたので買ってみた【アウトドア】【バイク】
【WORKMAN Plus】噂の" WindCore "をできるだけ低価格で運用してみた話 その1【DIY?】【アウトドア】
【WORKMAN Plus】噂の" WindCore "をできるだけ低価格で運用してみた話 その2【DIY?】【アウトドア】
【WORKMAN Plus】噂の" WindCore "をできるだけ低価格で運用してみた話 その3【DIY?】【アウトドア】
【WORKMAN】話題のアノラックパーカーが売ってたので買ってみた話【キャンプ】【アウトドア】
【WORKMAN】梅雨が明けないので噂の『着て、感じる、レインウエア』買ってみた話。【バイク】【アウトドア】
【WORKMAN】最高っ♪TOUGH&COOLな冷感シャツがWindCoreとベストマッチ!!!【猛暑対策】【バイク】【アウトドア】



にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ

にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ
にほんブログ村

スポンサードリンク