今更感強いですが、今回はZOZOSUITS試したよって話です。

2017年にZOZOTOWNが発表したZOZOSUITS。

当時、生地の収縮から着るだけで全身の計測が可能との事で
未来的なボディースーツに心震わせた筆者。
多分1000円位取っても買ってしまったかもしれないけど
太っ腹な無料配布との事で、すぐに飛びついたのです。

あれから1年。
ZOZOSUITSの突然の仕様変更から更に待って、やっと筆者の元にも届きました。
DSC_0064
噂通り全身水玉仕様。
これを着て、スマフォで撮影するだけで全身の計測が可能との事。
DSC_0065
真空パックでカッチコチになったZOZOSUITSと紙製のスマフォスタンド。
ちょっとした説明書きも添付されてました。
DSC_0067
これが紙製のスタンド。
DSC_0068
こんな風に二箇所折るだけの簡単設計。
無料配布と言うのを考えると、簡素なのは仕方ないですかね・・

と、早速ZOZOSUITSを着て、ZOZOTOWNのアプリで計測を開始したんですが・・

結論、計測できませんでした。
以下は、筆者の状況説明です。

1回目、AQUOS R2で計測。
長いチュートリアルの画面から音声案内に移行するも
スマフォスタンドに置いた途端アプリが落ちる。

2回目、同じくAQUOS R2で計測。
音声案内からスマフォがセット出来た事を確認。
「スマフォから二メートル程離れて下さい」の音声案内有り。
ポッポッポ・・とカウントが始まった後に
「貴方の位置が確認できません」

・・以後、無限ループ。

仕方がないので手持ちのAcer B1-850と言うタブレットに
ZOZOアプリをインストールして再チャレンジ。
しかしこちらは音声案内開始直後にアプリが落ちて
いくらやっても同じ所で次に進まず。

部屋をかえ、照明をかえ、かれこれ40分程試したんですが
結果測定できませんでした。

・・うう・・なんたる中途半端なレビュー・・・

考えられる事としては、AQUOSR2にアプリが対応していない可能性。
Acer B1-850はスペック不足の可能性。
そもそもアプリが不完全。

何にしても、筆者を認識してくれないのでこれ以上の検証は無理でした。

ZOZOTOWNの発想はとても面白いと思います。
服屋なのだから「体型」と言う個人データを収集し、商売に繋げると言う考え方も納得できますし、本当に”着るだけ”でそれが出来るのであれば、消費者にとってもメリットは大きいと思います。

しかし、現状の段階では”無料配布”の限界を感じさせてしまう出来と言わざるを得ません。

折角届いたZOZOSUITSですが、今後アプリの改善を切に願うばかりです。

発表当時の、本当に ” 着てスマフォをかざすだけで計測できるボディスーツ "

有料でも、一度試してみたかったなぁ・・・


スポンサードリンク