買い物始めました。

バイクに関連してキャンプやカメラはじめました。 趣味が講じて購入した商品のレビューをメインに更新していきます。

東京モーターサイクルショー見にお台場行ってきました!初日は13時からって事で、かつやのカツ丼(松)と豚汁(大)を食ってから行った。お腹いっぱい過ぎて・・・もう動けないでぶ・・・友人の車で会場まで行ったが、道路にバイクバイクバイクバイク・・・ここまでバイク ...

いやっほう!春だぜっ!!!!桜の開花と共に、居ても立ってもいられず。東京モーターサイクルショーの余韻に浸る間も無く(ほぼ悪夢)自宅を飛び出した。行き先は山梨。筆者が数年前に、危うく凍え死にしそうになったキャンプのリベンジだ。向かうは西湖の畔、西湖自由キャ ...

なんか最近寒暖差が激しい気がする。コンパクトな方の寝袋持っていこうと思ってたけど、もっと厚めの奴じゃないと駄目っぽい。これより暖かい寝袋・・・あれか・・・CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) アクティブマミーシュラフ600右側のオレンジがキャプテンスタッグ製青い ...

さああああああああむうううううううううううういいいいいいいいいいいいいっ!!!なごり雪とか歌だけの世界でいいと思うんだ!!!!さて、前回紹介したテントを持ってどこか行きたい病の筆者。でも、テントにマットだけだと身体にくるのよね・・・・寝床はなるべく快適に ...

前回は、テントの外観と内装の大きさをレポートした。今回は、筆者の使用環境に近づけてレポートする。まずは別途購入したこれ。DOD テント タープポール 2本セットポールの他に、ペグとロープも付属している。3本継ぎのポールで安かったのだが、これは失敗した。まず、安い ...

前回のつづき。筆者初のワンポールテント。今回は、仮設ではあるが、筆者の使用環境に近い形で使ってみたレポートをお送りする。まずは、テントにこれが入らないと始まらない。KingCamp キャンプコット 全長1900mmのこのコット。筆者が現在も使っているワンタッチテントのT2- ...

桜開花っ!!まだ少し肌寒いけど、アウターも選ばないと暑苦しい季節。・・・キャンプの季節だなぁ・・・(カチカチ・・・・ポチッ)無意識の内に新しいテント届いたよっ!!!!!DoDライダーズワンポールテント写真の収納サイズは幅500mm。前に紹介したドラムバックが450mm ...

今月で切れる期間限定のポイントが1000円分。1000円で買えるの無いかなー?と見つけてポチったクッカー。日数がかかって今日、やっと届いたものの・・クッカー届いた~♪次の日はぁ~雨~♪♪誰か僕の頬を伝う雨も止めて下さい・・・とりあえず、中身の確認!角型鍋+ ...

突然降り出した雨。ディアブロブラックの輝きに残る、雨の足跡。輝きを取り戻すのは今、この瞬間(とき)。プレクサス。新車の輝きを貴方に。※ 解説筆者の愛車はZZR1400(07)で、カラーリングはディアブロブラックなのだっ!!!って事でドーーーーーーーーーン!!今更プ ...

前に記事に書いたバイク用のドラムバック。 今回はそのバックをどうバイクに積載しようかな?と言うお話。筆者の使用環境で考えられる積載方法は3つ。① トップケースのガードバーに載せる。② カメラバックの話で紹介したバックの上に載せる。③ サイドバックとして使 ...

PentaxK-1MarkⅡが発表され、今年のCP+も無事終わり。基盤交換サービスが開始されるまでウキウキで待つ今日この頃。本日のレンズはこちら!!じゃじゃーん♪INDUSTAR 50-2 F3.550mmでとてもお手頃な価格で購入できるパンケーキレンズ。大体2000~5000円といった価格で入手で ...

前回、今くらいの季節にちょうど良さそうなアウターを紹介した。ポケットが多く、ギミックも面白そうで、ちょっとワクワクする。今回は実際使ってみた感想をお伝えする。筆者の体格は180cm 71kg。ユニクロで購入するサイズはLorXL。ちょっと大きめに着たい時はXLを買うが、肩 ...

ちょっと前に防寒着を探した。三寒四温とか言って、寒暖差は昔からあったけど、初夏の気温とか真冬並とか、寒暖差激しすぎやしませんか・・・・寒いのは嫌なんじゃああああああああああああああああああああ!!!!とか言って、防寒着を探していたのはこの間の話。今回は、 ...

皆様おはこんちこんばわ。キャンプと言えばファイヤーだよね。夜中に火の管理しながら、何もない時間を過ごす。男のロマンだよね!!!!筆者いつも面倒がってやらないんだけれどね☆ボッチキャンプが多い筆者にとって、焚き火って何かこう・・・何かあったら嫌だなぁ・・寝 ...

さぁ!今日も筆者救済企画をはじめようかっ!!!!今日はHelios44Mってレンズ。グルグルボケと言う、渦を巻いたようなボケが楽しめるロシアンレンズ。Helios44のあとにMが付くのが第3世代らしい。そして、Helios44Mのあとに2だの4だのシリーズが出てて、それぞれコーティ ...

↑このページのトップヘ